(最終更新日:2022-11-24 12:58:13)
  ハットリ ケイタ   HTTORI KEITA
  服部 景太
   所属   朝日大学  医科歯科医療センター 包括支援歯科医療部
   職種   助教
経歴
■ 学歴
1. 2006/04~2012/03 朝日大学 歯学部 歯学科 卒業 博士(歯学)
■ 職歴
1. 2018/04~ 朝日大学 医科歯科医療センター 包括支援歯科医療部 助教
2. 2016/01~2018/03 朝日大学 歯学部 包括支援歯科医療センター 助教
■ 資格・免許
1. 2022/04/26 口腔リハビリテーション認定医
2. 2012/04 歯科医師免許
業績
■ 著書・論文歴
1. 著書  Q&A
若い歯科医師の疑問に答えます1  152-160頁 (共著) 2019/08
2. 著書  無歯顎のミニインプラント周辺骨レベルの変化 クインテッセンス・デンタル・インプラントロジー 23(2),94-100頁 (共著) 2016/03
3. 論文  舌写真を用いたディープラーニングによる口腔衛生状態の客観的評価 岐阜歯科学会雑誌 49(2),81-86頁 (共著) 2022/10
4. 論文  新規口腔保湿ジェルの塗布を併用した口腔清掃の口腔内環境に及ぼす効果の検討   (共著) 2021/11
5. 論文  TBLを基盤としたスパイラル教科「地域社会と歯科医療」におけるファシリテーターの役割 岐阜歯科学会雑誌 48(1),27-34頁 (共著) 2021/06
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2022/11/20 紹介患者における「自覚症状の出現頻度」と「口腔機能低下症」との関連性(第36回日本口腔リハビリテーション学会学術大会)
2. 2022/11/20 訪問診療における ICT ツールの有用性についての検討(第36回日本口腔リハビリテーション学会学術大会)
3. 2021/11/20 スパイラル教科「地域社会と歯科医療」ファシリテータの役割と教育評価ー第4報ー(第40回日本歯科医学教育学会総会および学術大会)
4. 2020/11/07 「口腔機能低下症」と自覚症状の関連について(第34回日本口腔リハビリテーション学会学術大会)
5. 2020/11/07 ディープラーニングを活用した口腔清浄度の客観的評価について(第34回日本口腔リハビリテーション学会学術大会)
全件表示(25件)
研究課題や受託研究
■ 科研費研究者番号
60779031
ホームページ ・メールアドレス
■ ホームページ
   朝日大学歯学部 口腔機能修復学講座歯科補綴学分野(全部床義歯学)